朝ご飯を多めに食べると、その日一日の間食の回数が減る?

最近、割と多めに朝ご飯を食べていたんですが、気付いたらあまり買い置きしていたお菓子を食べていませんでした。

どうやら、普通の食事でお腹一杯になっておくと間食をしよう?と言う意識が働かなくなるようです。

これは~ダイエット中の人にもお知らせしたい!けど、本当にお腹一杯ご飯を食べるだけで間食が減ったのか?もう少し検証してみようと思いましたね。

お昼ごはんでも結うご飯でも同様の結果が得られるのか?と言う所も気になったので、各食事をいつもより多めに!食べて間食をしたくなくなるのか実験をしてみたのです。

ただ、この実験をやってみようと思った人に注意すべき点があるとしたら、1食で実験は1回~にしておいた方が無難です。

と言うのも、朝ご飯と昼ご飯~を多く食べたら、食べ過ぎからくる胃もたれで夕飯は食べられなくなってしまったからなのです。

何事も~程々が良い?と言う事になりますね。

夕飯は、たくさん食べてもいいですが、食べた後にすぐ眠くなってしまいがちなので、眠らない様に注意して行ってほしいのです。

眠ると、ダイエット効果どころか太りやすくなってしまうので、夕飯食べた後の睡魔には注意して行って欲しいですね。

そんな感じで、食事を多めに食べると間食しなくなるのか?と言う実験結果でしたが、見事!?間食はなくなりましたねー。

と言うか、胃もたれがして食べたくなくなる~と言うのが正解かも知れません。

なので、1日のうち食事の量を多めに食べるのは1食にして、それから来る胃もたれ?で間食したいという意識を削げたら成功?と言う事になるでしょう~。

何か、若干不健康な方法で間食を無くしている様な気がしますが、間食のし過ぎで痩せられない人には背に腹変えられない方法かも知れないので、試しに試してみて欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする