人間は、三大欲求の特に、睡眠欲に逆らってはいけないと思った事

先日、ちょっと大きな仕事プロジェクトに参加することになったのですが、それが結構大変で!夜遅くまで作業が続いていたりするんです。

あの、電通の不夜城じゃないですが、ウチもかなりヤバい不夜城状態になっているよね?的な笑があったのは言うまでもありません。

そんな不夜城でしばらくセッセと頑張っていたのですが、ある日私はふと、意識が遠のいてしまいました。

本当、おや?と上の方が気になって見上げたら、そのまま意識がなくなった様な感じでしたね。

で、気づいたら、会社の入っているビルの別の階にある内科の医院のベッドに寝かされていたので、あの時眠気で意識不明になったんだとようやく気づいたのです。

不夜城での作業は倒れたその時まで連続5日間続いていて、早朝出勤して深夜に帰宅してまた早朝~と言う感じだったので当然の様に睡眠不足になって言ったのです。

するともう案の定と言うか、過労もプラスされてあの意識不明状態になるんですが、まぁ睡眠欲求を封印して仕事に没頭するのは良くないと実感した感じです。

会社では、私はその時点でとりあえずノルマ終了~と言う事になっていたので、その日はもう定時で帰宅しましたが、まだまだ夜遅くまでやっている人が居たので、第二第三の私の様に倒れる人が出ない事を祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする