コタツを知らない猫が、コタツに初めて入った日

実はウチで飼っている猫は、何年か前に川で拾ってきた子猫が成長したモノなんですが、現在は枕位のサイズになっています。

当時は手のひらサイズで可愛かったのに~!と家族に言われていますが、私は今でもカワイイと思っているのですが他のみんなは思っていないのか?と思われそうなことを言っているのがちょっと不満な感じです。

そんな元拾われ猫ですが、どうも毎年コタツを出しているのに入らないんですよ。

猫といえばコタツ!だと思っていたのにかなり意外な反応に、家族ががっかりしていたのは言うまでもありません。

と言うか、そもそも元々ノラだったんだから、コタツを誰からも教えてもらっていないのでそれで入らないんじゃないのか?と言う指摘をされましたね。

確かに、この物体は何だ?と言う顔して寝ているので、不思議がっていたり脅威に思っていたりする可能性も十分ありうるのです。

なので、今年はしっかりと猫にコタツの有意義なところをアピールして、コタツ猫に進化してもらおうと思っています。

やはり、冬といったらコタツと猫だと思うので!今年こそはコタツに慣れていって欲しい~と思っているのですが、肝心の猫の方は未だにコタツを敵視しているので、いつになったらその警戒心を解いてくれるのかが鍵になってくるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする