あなたは入間基地所属の自衛隊機墜落事故の真実を知っているだろうか!? 日本人にどうしても知って欲しい「13秒」

今回ご紹介するのは、1999年に起きた入間基地所属の自衛隊機墜落事故の真実を書いた『日本人にどうしても知って欲しい「13秒」』です。

知らない方も多いと思いますのでぜひご覧ください。知っている方ももう一度読んだら違った観点が見えてくるかもしれません!

1999年11月22日午後、航空自衛隊入間基地所属のT‐33型Aジェット練習機が埼玉県狭山市の入間基地北東約2キロの河川敷に墜落した。

スポンサーリンク

パイロット2名は殉職した。

その際に東京電力の高圧送電線を切断し、東京・埼玉の約80万世帯で停電する事故が起きた。

翌日、新聞各紙は大々的に報道して「自衛隊機、また事故」「東京・埼玉で一斉停電」「税金の無駄使い」

そして、T-33型Aジェット練習機と伝えられたため「パイロットが未熟だったために事故は起こった」と自衛隊は散々に叩かれた。

当時の瓦力防衛庁長官が謝罪する事態にまで発展した。

そんな無責任な批判を覆すことになったのは1年後の航空事故調査委員会の報告書だった。

「事故は漏れた燃料に電気系統からの火花によって着火し、火災が発生したと断定し、パイロットおよび整備員に過失はなかった」と発表した。

事故発生時、機長は管制に「ベイル・アウト(緊急脱出)」と告げていた。

ところが、

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする