田舎のカラスを見ていると、これが本来のカラスのあり方~と思いつつ都会のカラスを見る

都会にカラス、多いですよね~。

何か、無駄にたむろしているような気がします。

一体、そんなに都会にカラスの餌があるのだろうか~と思って地面を見ると、結構落ちているものです。

歩きながら食べ物を食べている人が多いので、そう言った食べ物ゴミが結構落ちているのです。

そう言った物をついばんだり、または、やはりゴミ捨て場でゴミ袋を勝手に破って中の残飯を漁ったりしている~のが、都会のカラスの生活なのかも知れません。

一方、田舎のカラスは一体どんな暮らしをしているのかと言うと、至って平和~です。

田んぼの中に落ちている、稲刈りの時に落ちたち残っていた稲藁から落ちた米粒をついばんだり、田んぼに生息している小動物や昆虫を食べたり、鼠などの死骸を食べたり~等々なモノを食べている様です。

なので、本来あるべき姿はこの田舎のカラスの姿なのかもしれません。

しかし、先日東京に行った時に見てしまったんですが、人間の嘔吐物をカラスが綺麗に食べつくしていたのです。

人間が片付けるのは~ちょっと苦痛が伴いますが、カラスにはフツーにエサとして処理されるのです。

ので、都会のカラスを目の敵にしている人も居ますが、こう言った形で街の美化に貢献してくれているのなら、まだ許せると思いましたね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする