お腹が痛い時~胃じゃない所が痛い時~はそんな状態でも腹が減る

先日、お腹の~いわゆる腸の部分が痛くなったんですよ。

いや、単なる食べすぎなんですけどね、お腹が痛くなるまで食べてしまったんですよね。

最初は胃が痛いのか?と思ったんですが、胃は通過していて小腸の方が痛い事が判明したのです。

ああ~、胃は大丈夫だったのね?ってそのときは安堵しましたが、小腸の方の痛みが~胃もたれに近い感覚で、腸がもたれている?と言う感じでしばらく痛かったですね。

で、こんなにお腹が痛いからしばらく腹も空かないだろう?と思っていたんですよ。

ちょっと不健康だけどダイエットになるかな?とさえ思っていたのです。

所が、腹減りと腹痛には何の関連も無いのか?と思いたくなる程に、急に腹減り減少がやってきたのです。

胃が、腹減りの音を鳴らしてきたんですよね。

オイオイ、今ちょっと小腸の調子が悪いって言うのに腹減りとか!って、何かオカシいんじゃないか?的な事を考えましたが、生命維持行動的には腹減りだから何か食わせろ?と、私の身体が求めている事が分かった感じです。

この身体~腸が調子悪くても腹が減ったらモノを食わねばならないのか?と言う、なんとも部分的に活動的だと感心しましたが、ただまたコレが~食べたものが消化されて腸に入ったりしたらまた腹痛になりそうな気がしたので、この時はちょっと我慢して食べないで過ごしましたね。

と言う感じで、内臓も部分的にやたら健康的だとちょっと困ると言うか、超の活動に連動性が無い事が分かって面白かったです。

が、調子こいてもし何か食べていたりしたら~と考えると怖くなったので、次回も似た様な事があっても食べない様にしようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする