寒い時は~暖房をガンガンつけるよりも実は、マフラーを巻いた方が良い?

寒い寒い季節はまだまだ続きますが、室温が寒いな~と言って暖房の設定温度を上げる前に!やって欲しいことがあります。

それは、首にマフラーを巻く事だったりしますね。

マフラーって外に出かける時にだけするものじゃないの?と思っている方結構多いんですが、実はと言うかむしろ室内にいる時こそ!巻いて欲しいと思っています。

よく、寒くなると風邪をひいてしまう人が急増しますが、風邪をひいてしまう要因の一つに冷たい空気が器官に入ってしまう事が原因になっていたりするのです。

一応、冷たい空気は副鼻腔に入ってワンクッション置いてから器官に入る様な仕組みになっていますが、運動したり呼吸が早かったりまたは、、口呼吸をしていたりするとダイレクトに冷たい空気が入ってきてしまうので、それで風邪をひきやすい状況を作り出してしまうのですね。

なので、口呼吸でも鼻呼吸でもとりあえず口や鼻から吸った空気が器官~のどの辺りを通って肺に入って行くので、首回りを温めておくのです。

gahag-0039477532-1

マフラーをしたりハイネックやタートルネックのセーターなどを着て、首を温めるのです。

(そもそもタートルネックやハイネックの服が首回りに布地があるのは、首を温める為だったりするのです)

そうする事で、首の中を通過する呼気が首でその熱を奪われにくくなるので、咳が出ていも出にくくなったり風邪の症状が緩和されたりする様になるのです。

意外とこの、家の中でもマフラーを巻くと言うのをやっていない人が多くて、風邪ひいているからマフラー巻いて早く寝る~などと呟くと、家の中でマフラー?と言ってお驚かれる事もしばしばあったので、家の中でマフラーはあまり全国区な行動ではないのかも知れませんね。

ただ、寒い寒いと思っていてもマフラーをするだけで体感気温が2~3℃上がった様な気分になるので、暖房代を節約して生活している一人暮らしの人や、暖房つけていても部屋が温まりにくいと言う方にお勧めです。

首にマフラー巻いてみたいけど、マフラーが家に無いと言う方は、今時は100円ショップでもマフラーが100円で売っていたりするので、とりさえず100円のマフラーから始めてみてください。

巻いた瞬間、今までの生活が一転する位温かさを感じるので、今までマフラー生活をした事が無かった人は是非やって欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする