アメリカ大統領選挙は、トランプ氏が勝利しましたが~何か日本に有利な事はあるのか?

日本の報道各社では、何故かクリントンさんを応援している?感じがありましたが、その理由としてトランプ氏が移民問題について色々語っていた事が起因している様です。

と言うのも、トランプ氏が行っている移民と言うのは実は主に、中国や韓国からの移民を指していて、彼らの多くがアメリカで美味しい汁だけすすって生活してやろう?と言う魂胆が見え見えなため、それを規制しようとしているのですが。

それに対して反発している勢力が、なるべく移民政策を実施しないクリントンを応援していた~と言う背景があるのです。

日本人は移民しないのに何で日本の報道各社がクリントン応援だったのか?と言うと、これは多くの普通のテレビを良く見ている人に知られていない事実なんですが、今現在の日本のテレビ局の経営陣が、実は韓国人だったり中国系の人で構成されているのです。

名前は日本名ですが、在日韓国人の人だったり、日本人の奥さんと結婚して苗字が変わったり~して日本人に帰化していたりする人だったりしているので、一般の人にはあまり悟られない様にされているのです。

だから!何故か日本のテレビ番組だったりニュース系番組で、クリントン推しなコメントだったり特集が組まれていた背景がこれでご理解頂けたと思います。

日本の場合は、トランプ氏が大統領になったほうがむしろ良くて、トランプ陣営の共和党には日本の事を良く思っている知識人が多数在籍しているのです。

今度副大統領に就任される方もまたかなりの敏腕な方なので、もしトランプ氏がオカシな事を言ったとしても、高確率でそのセリフを無かった事に出来る手腕を持っているようです。

と言う感じで、トランプ当選の影で色んな悲喜こもごもがテレビで繰り広げられたかも知れませんが、怒っていたり嘆いていたりしている人中心で観察すると、大抵中国や韓国系の人ばかりなので面白いかも知れません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする