冬と夏ではどちらが電気代がかかる?

冬と夏って電気代がかかるイメージがありますよね。

夏は冷房をガンガン使うのでそれで電気代がかかり、冬は暖房をつけるのでそれでかかり~と言う感じかもしれません。

しかも、冬は服を厚着すればそれなりに寒さを防げるのに対して、夏は裸になっても暑いので冷房をつけないと死の危険すらある?のです。

と言う事から、夏と冬の電気代の明細などを見比べてみるとどちらが電気代がかかっているのか~?と思って見てみたら、意外と夏よりも冬の方が電気代が高かったですね。

多分、熱を起こす方がたくさん電気を使ってしまうからなんじゃないか?と思うのですが、どうでしょう。

確かに、オーブントースターやドライヤーがその一例で、オーブントースターやドライヤーの熱量を出すときに1000Vも(機種によってはそれ以上!)使っているので、こんな感じの熱量で暖房している器具を室内に何個も置いてあったら、確実に電気代が高くつくことは明白だと思われるのです。

一方夏の冷房は、主にエアコンと扇風機だと思いますが、時間によってはつけていなかったり、部屋によってはつけない~など結構使っていない事を思い出すのです。

と言う事で、軍配は冬の方が電気代が高い!と言う事になりました~。

いや正に今!冬になってしまいましたので、電気料金には十分気をつけて過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする