本当に疲れ切っていると、電池が切れたように倒れて寝てしまう

先日、長男と次男の学校行事が2日間連続予定になっていて、かなり疲れた事がありました。

両方とも何故か親子で運動したりする系のイベントだったので、普段から運動は自転車で買い物に行く位の状態の私にはかなりハードだったのは言うまでもありません。

住んでいる市で推奨している健康体操だったり、道具を使って競争する~とか、小学校や中学校位までは多分しょっちゅうやりそうな遊びが中心だったのですが、大人になってからは全くそう言った事に触れずに生活していたので、久しぶりにやってみたら何だかとても懐かしい気持ちになれましたね。

そんな感じの体操だったり遊びが2日間連続で続いたので、身体が持たなかったのか~2日目の長男の中学校のイベントに行って帰って来て、夕飯食べた後の記憶が全く無かったのです!

気がついたら部屋が真っ暗で寒かったので時計を見たら、もう午前3時を回っていましたね。

夕飯食べ終わってから~午後8時位までは何とか記憶があったのですが、それ以降の記憶が無いので多分寝落ちしてしまったのだろうと思われます。

人間、普段のキャパシティよりも多い運動や思考をしたりすると、こんな感じでぶっ倒れるので要注意だなと思ったのは言うまでもありません。

しかもその後、数日間筋肉痛にも悩まされたので、日頃からの運動は大事だと実感しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする